0776-98-8000

平日8:30~17:15 お気軽にお問い合わせください


2015 ふくい健康の森2015 ふくい健康の森

概要

リレー・フォー・ライフとは

1985年アメリカのゴルディー・クラット医師が行ったチャリティーマラソンから発展し世界中に広まった、がんと向き合う人たちの勇気を称え、苦しみを分かち合い、共に支えあって生きていくことを再確認するイベントです。
中心となるのは「リレー・ウォーク」で交代で夜通し会場内をウォーキングします。24時間常にがんと闘っている患者さんの生活を、参加者全員で分かち合うことを象徴しています。
日が暮れるころになると「ルミナリエセレモニー」が行われます。がんを患っている方の思いや、がんで亡くなられた方への追悼、がんの予防・治療・介護にか ける熱意などを託したメッセージが書かれた紙バックにキャンドルを灯し、会場にいる参加者のみならず、会場に来れなかった人々も含め、がんにかかわる全て の人に捧げる詩の朗読を行うセレモニーです。
また、がんの予防・治療に関する啓発活動も行われます。さらに、会場内には歌や踊りのショーやマッサージ等行うブースなど、参加者の息抜きになるような「フィールドアクティビティ」も充実しています。

リレー・フォー・ライフ・ジャパンとは

2006年茨城県つくば市でアメリカ対がん協会の指導のもとトライアルとして開催されました。翌年の兵庫・東京から本格的に始まり、全国に広がりつつあります。日本対がん協会がボランティアの方々とパートナーとなって全国事務局をつくり、開催をサポートしています。